ブログ復活計画

近所で月イチで行われている「やっていき場」の大ブログ更新祭に参加したのだけど、完全に寝坊で最後の20分ぐらいに現れてルーチンワークのような記事を書いてそのまま帰ってしまったので、ブログらしいブログを書いておこうと思う。

今年4月に会社員になったのだけども、案の定ブログを全然書けていない。というわけで今回は書けなくなったブログを書けるようにする自分用のメモ。

まず、会社員になって何が変わったのか。

時間が無くなったかと言われると、実はそんなに時間は無くなっていない。1日8時間働かなくてはならないとはいえ、フレックスタイム制によって朝早く行って早く帰ってブログに打ち込む事はできる。7時出勤16時退勤でそのまま帰れば今までどおりホットな20時にブログを投稿する事は可能だ。朝にブログを書いて10時に出勤して19時に退勤する事もできる。

では何が変わったのかというと、変わったのは時間の「質」だと思っている。大学生の頃と比べると2つの性質変化があったと認識している。質とタイミングだ。

フレックスタイム制とはいえ、会社員として稼働しなければならないコアタイムは決まっている。ウチの会社は10時-15時なのだが、この時間はどうやっても趣味ブログに打ち込むことはできない。一度出勤したら15時までは会社の事をやらなくてはいけない。有給を消化して半休や全休にする事はできるが、原則事前の申請が必要である。

そして今までブログ記事を書いていた「トリガー」は何なのかと振り返ってみると、ホットなニュースが流れてくる事である。これは自分が決めた時間に流れてくるのではなく、向こうから好きな時間に流れてくる。昼間に流れてくるかもしれないし、早朝かもしれないし、夜かもしれない。コントロールできない情報源からの情報のスポーンをトリガーに、その情報の伝達とその情報に対する見解をいち早く書き、ブログとして公開する。このパターンで盛り上げてきたブログ記事が多い。

これが勤務時間中に流れてきても、会社員としてはどうする事もできない。インターネットのホットなニュースにアンテナを張っているのは変わらないし、iPhoneにプッシュ通知でそういったニュースが届く環境もそのままではあるのだが、仕事をしている間にそんなものが来てもブログはに書けない。当然なのだが。

そしてブログに書きたかったなー、書けなかったなー、そろそろ退勤時間かー、と夜に家に帰る頃には既にいくつかのメディアに取り上げられていて、自分は仕事で疲れていて、「今更感」と「疲労感」の二重の束縛でブログを書く気が失せてしまう。

自由な執筆時間を確保できる「タイミング」も非常に限定的になってしまった上に、確保できる頃には鮮度が落ちてその「やる気」も萎えてしまっている。結局書かないまま日付が変わる。そうなるともう完全にお蔵入りだ。時間が確保できても、質もタイミングも悪い時間が確保できたところで最早使えない。

よくコンテンツビジネス系の記事で「ストック型」と「フロー型」のコンテンツ区分けをしているものがある。ストック型は一度書くと長期的にニーズがあり、ブログで言うと検索流入によってPVを継続的に稼いでいくタイプのもの。フロー型は右から左に流す、時事的なその場限りのもの。自分はこの区分けでいくと、フロー型に大きく依存するタイプのブロガーだったと思っている。SNSを常に眺め、ホットな話題をいち早くキャッチし、それを求めている人にいち早く届け、独自の見解で継続的な購読者を獲得していく。

このタイプは爆発力があり、その場のPVは一気に伸びたりする。全盛期の話をすると僕のブログは月150万PVほどに成長した事もあり、まぁ暇な大学生がせっせとインターネットを眺めて講義中にホットな話題をホットなうちに書いていたからこそ届いた数字だと思う。でもこのタイプは放置するとPVが驚くほど萎んでいく。実際もう1割も無いんじゃないか。本当に減った。

という前提のもと、会社員として、24時間情報アンテナに張り付いてホットなフロー型コンテンツをガンガン投げていくパワープレイからは転換していかなければならない。実際時間はあるので、この時間を有効活用して、分単位の話題のホットさに左右されない大人なブログ活動に変えていく必要がある。フロー型の区分けから、ストック型の区分けに配分を徐々に変化させていかなければならない。

先述したとおり、今までは「情報が降ってきた」事をトリガーにブログを書いていた。もうそのトリガーは死んだ。会社員には使えない。会社員たるものは計画的にコツコツと、毎日n時からn時までの時間に、その時間をしっかり活用して投稿タイミングに左右されない流入を作っていかなくてはならない。

まだ上手い運用にたどり着けていないけども、とりあえず敵が見えてきたのと、会社の方も嫌いなわけではないので頑張って両立してみようと思う。ちょうど同い年が会社やめた記事で盛り上がってるとこだけどもね!!!僕もやめたい!!!そんなお金も収入も無いよ!!

以上、「時間の質が変わってしまったので、ブログの書き方も合わせて変えていかないとな」という会社員になってしまった元大学生ブロガーのチラシ裏書き殴りでした。

Googleドライブの容量を消費しているGoogleフォトの写真の元サイズの写真を圧縮する方法

容量無制限でiPhoneやAndroidで撮った写真をアップロードできるクラウドサービスのGoogleフォト。ただし、1600万画素までの写真。条件を超えたフルサイズの写真はGoogleドライブの容量を消費します。私は原則「高画質(容量制限なし)」に縮小アップロードしていますが、うっかり設定を「元のサイズ」でアップロードしてしまった写真が一部あるため、これを容量制限なしの写真に変換してみました。

続きを読む